投資信託の税金

投資信託でも利益が発生すれば税金の対象となっていきます。
こちらでは投資信託で発生する税金のシステムについて解説していきます。

投資信託で利益が発生するのは、解約益(譲渡益)と分配益、そして償還益の三種類です。
解約益(譲渡益)とは、投資信託が終わるときに支払われる利益で、この利益に対して税金が発生するのです。
この利益に対しては20.315%の税金がかかりますが、解約ではなく譲渡される場合にはこの税金は発生しません。
ただし、譲渡益から特別控除額として、やはり20.315%のお金が引かれますので、受け取る金額については結局同じになります。
東日本大震災の復興金として、一部のお金が使われており、税金が少し上がっているのです。

分配益とは投資信託の分配金による利益のことですが、これにも税金がかかってきます。
分配金に対する税金も20.315%の税金がかけられることになります。
ちなみに、分配金からあらかじめ源泉徴収されているため、特に後で支払う必要はありません。

投資信託の契約が満期を迎える際に資産が償還されます。
その際に、投資信託が成功して最初に出した元金よりも上乗せされたお金のことを「償還益」といいます。
この償還益にも20.315%の税金がかかってくるのです。

以上のように、利益が生じた際には20.315%の税金がかかってくるのです。
ただ、投資信託にはもちろん損をすることがありますが、その際には払いすぎた税金が戻ってくることもあります。
投資信託によって自分にどれくらいの損益があるのかという点に気をつけておくことで支払う税金の額もわかってきます。

更新日: